スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

「これ」と「それ」何が違う?



こんばんわ、あつきちしおです。


お待たせしました!


お約束の「これ」と「それ」の境界線。


あなたが、待っていたのは・・・


僕じゃないですね! 分かっています、ご安心ください。



今から、僕の言う事を「騙された」と思って、忠実に実行してみてください!


 


必ずや、あなたの前に「はっきり」と、真実が浮かび上がります。


 


それでは、


 


まず、10円でも100円でも、タバコでも何でもいいです。


タバコサイズまでの小さい物を、


「同じものを3つ」用意してください!


 


 


 


必ず、スクロールをやめて、従ってください!


 


 


 


「用意できましたか?」


 


 


「あなた、ちゃんと用意してから先に進んでください!」


 


 


では、まず距離感のある場所、


 


 


1.5m位のテーブルなどが一番いいですが、


 


 


用意したものを持って、テーブルに移動してください。


 


 


では・・・


 


 


はじめます。


 


 


自分はテーブル(距離感があれば机でもいいです)に座っています。


 


 


反対側1.5m先には、「あつきちしお」がにらみをきかして、座っています。


 


 


自分から、手が届く「ぎりぎり」のところに、


 


 


 


「ひとつ置いてみて下さい!」


 


 


 


あなたにとって、


 


 


「これ」ですか?


 


 


「それ」ですか?


 


 


・・・?


 


 


間違いないですね!


 


 


 


本当に間違いないですね!


 


 


 


100%間違いないですね!


 


 


 


それでは・・・


 


 


 


そのさらに先、


 


 


 


自分から、1.4mぐらいのところに


 


 


 


「もうひとつ置いてみて下さい」


 


 


 


・・・!!


 


 


 


 


「これ」と「それ」


 


 


 


今ハッキリしました。


 


 


 


 


手前に置いたものが、


 


疑いようのない「これ」


 


その先が「それ」


 


正解した人はいますか?


 


 


 


そうなんです、対象物が出来た。


 


 


 


「俺は間違いなかった!」


 


「ちしおは何が言いたいんだ?」


 


 


まぁまぁ、


 


 


 


まだ終わりじゃないんです!


 


 


 


それでは、


 


 


 


 


最後のひとつを


 


 


 


 


自分の目の前に「置いてください」


 


 


 


 


・・・!!


 


 


 


 


あなたが「これ」と言ったものは?


 


 


あなたが「それ」と言ったものは?


 


 


本当に正解でしたか?


 


 


あなたは「あれ」も知っていたはず。


 


 


そうなんです、「これ」と「それ」は、


対象物があって初めてハッキリします。


これで、分かっていただけましたか?


 


なぜ、ハッキリしないものに


 


 


「間違いない!」というんですか?


 


 


 


 


あなたは、分かりもしないのに、


「自分が手の届く範囲」とか、


「自分のもの・相手のもの」とか


訳のわからない、「自分流の定義」をつけて


「これ」と「それ」を区別していた!


 


「ひとつ」だけでは、「これ」も「それ」もありません。


30年も40年も、その言葉を使い続けて、


「完全に分かっている」と、錯覚してしまった!


子供は言います。


「え~、どっち?」


そう、対象物なくして、答えはありません。


あなたは、「知ったかぶり」です。


何でも、都合のいい「解釈」をして、


それを続ける事によって、正しいとしてしまった。


 


 


でも、自分の勘違いに気付きましたね!


 


 


 


 


もう大丈夫ですね!


 


 


分かっていただけましたね!


 


 


・・・?


 


 


 


今あなたが、一番ちかくにおいた・・・


 


 


 


「これ」は、これではありませんよ!


 


 


 


「あれ」です。


 


 


 


紛れもない「あれ」です!


 


 


 


 


あなたの前にいる、


 


 


 


 


「ちしお」が言っています。


 


 


 


 


 


俺の目の前にあるのが「これ」だ!!


 


 


 


 


 


「お前、何勘違いしてるんだ?」


 


 


 


 


 


俺の目の前が「これ」だ!


  


 


 


 


あなたは、また「全部がわかった」と、


 


 


 


 


勘違いしましたね!


 


 


 


 


一番正しくは、一番最初のものは


 


 


 


 


ひとつだけの状態であるかぎり


 


 


「これ」でもあり「それ」でもある。


 


 


これが100%の正解です!


 


 


 


 


・・・!!


 


 


 


 


また勘違いしましたね!


 


 


 


 


ひとつだけであるかぎり、


 


 


 


 


「これ」でもなく「それ」でもないんです。


 


 


 


 


あなたは、「距離感」によって、


「これ」と「それ」を区別しようとした!


とんでもないです!


 


 


大事なものは、「対象物」です。


 


 


 


対象物によって「すべてが決まります」!!


 


 


 


・・・!!


 


 


 


 


あなたは、どこまで「勘違い」するんですか?


 


 


 


 


「対象物」などで決まりません。


 


 


 


 


 


「状態」です!


 


 


 


 


状態によってすべてが決まります!


 


 


 


 


・・・!!


 


 


 


 


・・・!!  


 


 


 


 


 


・・・!! 


 


↑あなたは、これが出てくると


 


 


 


その後、「何かがある」と、


 


またもや勘違いしませんでしたか?


 


 


真実は「状態です」。


 


 


 


「距離感」や「対象物」などでは、ありません。


 


 


 


 


「状態」です


 


 


 


 


 


 


 


 


この


 


 


 


 


 


 


スペースが開くと、


 


 


 


 


 


このあと「なにかがある」と、


 


 


 


 


 


また「勘違い」しましたね!


 


 


 


 


 


あなたの、「真実は」どこにありますか?


 


 


 


 


 


あなたの「真実」=「存在」


 


 


 


 


あなたの「存在」は、


 


 


 


「どこにありますか?」


 


 


 


あなたは、本当に


 


 


 


「ここにいる!」と、言えますか?


 


 


 


あなたは、「ここ」にも「そこ」にも、いません。


 


 


 


存在を確かめる「方法」も、ありません。


 


 


 


この意味が分かる方、いらっしゃいませんか?


もし、分かる方!


ぜひコメントください!


何でもいいです。


お願いします。


一度、お話ししましょう!


 


 


スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

二元論の限界。

二元論的には、基準を決めないと、対象を決めることもできません。
自分の視点という基準があれば「ここ」から見た位置を示すことができます。

しかし、同時に「約束事」的なことであると指摘できます。
時間も長さも数値であらわすものは全て方便なのです。

例えば「0」と「1」の境界はどこですか?
と聞いたとしましょう。

どの境界から「0」は「1」ではなくなるのですか?

数字で言っただけでもとても曖昧な約束事の上に成り立っていることがわかります。

本質的には境界がない。
ボーダーレスだという哲学を展開できるのです。

0.99999999・・・・・
限りなく「1」に近づいたとしても、明確な境界を示すことができないのに、「1」として区別していますよね。

自己の本質がどこに存在するか、となると究極は一元論になってしまうので、位置も時間も含めて、五感で認識できないお話になってしまいますよ。

一元論では「自」と「他」の境界がなくなるのです。

わたしはあなたになります。
あなたはわたしになります。

右は左だし、下は上になるのです。

これらの呼び分けの「差」をとることが、さとり、すなわち「悟り」の語源といわれています。

一体性を体感することを目的に、過去さまざまな挑戦をしてきた先人たちがいます。

ある程度修めた者を聖者とよびました。

究極を修めたものを解脱者や大覚者と呼びました。

真の自己の存在を体得した者は、生まれてきた目的を達成した者です。
普通は肉体を維持する必要がなくなりますので、そのまま肉体的には死を迎えます。

ごく限られた者だけが、体得しつつそれらの真理を伝える役割を担います。

彼らの言葉は明確です。
「あなたはあの御方なのだ」
「一切はひとつだ。全てが命であり、愛である。誰をも愛し、助けよ。傷つけてはいけない」

言葉だけを使う偽者もいます。

本物はまわりに証を起こします。

存在を確かめた者だけに許される権能を表すのです。

存在を確かめる方法は、そのような方を通してのみ知らされます。
ほとんどの人は信じません。
しかし、事実としてそのような方は現れます。

  • Date : 2006-11-11(土) 22:32:32
  • Website:URL
  • Name : エバラ [Edit]

あっ エバラさんだ

ちしおさん、スクロールするのに疲れました。
もー、じらすのが好きなんだから・・・。

意味はまったくわかりません。
エバラさんに教えていただいてもわかりません。

時間があるときに「正法眼蔵」くらいから勉強していきます。一応、家が曹洞宗ですから・・・。

  • Date : 2006-11-11(土) 23:25:39
  • Website:URL
  • Name : kumaotoko [Edit]

これは・・・

やはり、僕の得意分野ではありません。

一元論・二元論・さとり、という言葉には、拒絶反応を僕の体が起こしていますが・・・

いろんなところで、僕の一番興味を持っている言葉が出てきます。

僕はだれ?一体どこに行きたいのでしょう?

ツノダ師匠

訳分かりませんよね~「エバラさん」

僕は、もっと訳分からないですか。

自分でも、自分がどこにあるのか分からない
ちしおちゃんでした。

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/98-9b4317a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。