スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

人口不完全乾燥材

こんばんわ、あつきちしおです。


建前の日が近くなり、ようやく材木加工のメドがたって来ました。

今日は加工前の柱に墨を引く仕事を、一日やっていました。
お施主様も建前の日が近づくにつれ、胸高鳴ることと思いますが、
それは、我々も全く同じなのです。

「一生一回のマイホーム新築」
我々も、その家の工事のお手伝いを出来るのは「一回きり」
下手を打てば、その無様な仕事を一生残す事となる訳です。


柱は東濃桧でも最高級グレード「勝野製材のきそひのき」の
人口乾燥材を買ってきて、さらに倉庫にて2年近く天然乾燥したもの。
日本中探しても、これ以上の柱はないと思います。
それを一本一本、機械で真直ぐ・直角になおしたもの。

「いい柱」それは、何が違うのか?
東濃桧は桧の中でも最高とされていますが、何が違うのか?
一言で言ってしまえば、人間と同じです。
東濃という地域は中部地区の中でも特殊な地域で、年間の平均気温が東北新潟と同等以上だそうです。
木は成長と同時に、一年一年年輪を描いていきますが、寒い地域では一年の成長の度合いが遅く、年輪の巾もせまい。という事に成るわけですが、この年輪の巾の狭いものを我々は「目詰まりがいい」といっています。
寒いところで苦労して苦労して育ってきた。九州・岡山・紀州などの温暖な地域で育った木とは同じ桧でも、苦労が違います。
同じ太さに達するのに、倍の年月がかかる訳です。
そしてこの「目詰まりのいい木」は、曲がりにくい・収縮が少ない・匂いがいい・木目が美しいなどの特徴を持っています。


僕は人口乾燥材を更に1年以上天然乾燥しますから、悪い柱はその間に曲がってしまって使い物にならなくなってしまいます。

以前、同じ東濃桧でも少しグレードの低いものを買った時にビックリしました。
1年後の機械取りのときに、35%以上が曲がりすぎて使えない。
いつもは5%前後で収まっているものが、「こんなに違う」。
それ以来、安い柱は使いません。
プレカットの場合、家が完成してから、この曲がりが家内部で起きている訳です。

僕は今日、この出身も育ちも、管理も加工も最高の柱に墨を入れてきました。
お施主様の心境は大体しか分かりませんが、こちらは、一回きりの真剣勝負なのです。
一本一本命を吹き込むような心境でした。

人口乾燥材(12cm柱)の不完全乾燥を、完全にする期間。


天然乾燥・陰干しで最低1年以上。


これが僕の目安です。

スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

おはよーございます。

確かに、寒い所の木でないとダメですよね。でも、同じ紀州でも、高野山の桧は結構イイですよ。

「日本中探してもこれ以上の柱はない」はスゴイですね~。

  • Date : 2006-09-28(木) 08:26:28
  • Website:URL
  • Name : hiro [Edit]

おはようございます

そうです、それでいいんです。
確かにこの上に木曽ヒノキがありますが、数が少なくて一般的ではないと思います。

僕が使ってのは、植林きそひのき。

原木市場のシステムは東濃の木じゃなくても、例えば三重県産の木でも、東濃の市場で取引されれば東濃桧になります。

知ってますか?この事実!

東濃桧といって、実は混ざり物これが現実ですね。

でも、ここの製材だけは、違いますから。

天然乾燥も3年とか、遣り過ぎるとあまりよくないですし、本当の成熟期に現場に出せる時は、嬉しいです。

知ってますよ。

関西で言えば、吉野の杉を京都の北山に持ってて、「北山杉」になる様なもんですね。

うちも柱は2年位寝かします。
ちしおさんの様にするのが、本当の木の家づくりだと思います。
こういうお客さんが分からない所で、一生懸命するのが、「本当のお客さんのため」ですね。

「尾州桧」はたまらなくいいですが、造作材・銘木材ですもんね。
関西では、柱は吉野桧が硬くて・色が良くて一番ですね。

ちしおさんオススメの東濃桧も一度使ってみたいですね。

  • Date : 2006-09-28(木) 10:28:03
  • Website:URL
  • Name : hiro [Edit]

ちしおさんへ

凄いですね~、これを読んでいると本物の大工って言う感じがしますね。

そういう大工さんは前の会社ではいなかったですね。

  • Date : 2006-09-28(木) 17:07:29
  • Website:URL
  • Name : Mちゃん [Edit]

hiroさんへ

ぜひ使ってみてください。
僕も吉野はよく使いますが、東濃はこれまた一味違います。

「お客さんの為」というか、自分でやりたくてやってるだけなんですけどね。

せっかく一生懸命仕事をしても、柱がやせたり、曲がったりして綺麗に出来た出来た仕事が、「隙間が開いてきた」なんてことになったら、何にもなりませんから。

腕が悪い分、せめて出来る事はやって悪い腕をカバーするんです。

生意気言ってすいません。

Mちゃんへ


今、本物の大工さんはいないですよ。

僕も職人のはしくれ。

本物目指して修行中ですが、

修行中の僕から見ても、「この人はすごい」という大工さんは、わずかです。

大工の技術の部分にこだわりすぎて、家全体が見えていなかったり、少し腕が良くておごりの塊になっていたりで、
中々難しいです。

僕は、家を造りながら心底お客様に尽くすのが、職人の仕事だと思っています。

もともと大した仕事が出来るわけじゃないんですから、喜んでいただく為には、それ位で丁度いいと思います。

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/54-ae6aea20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。