スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

職人の使命・大工さんの義務

爽やかな夜を彩る虫の鳴き声が心穏やかにし、部屋の中までも爽快感で満たす、そんな夜風が気持ちいい秋の夜長・・・フォ~154?  詩人のあつきちしおです。 これは相当無理がありますね。

日曜日のこの時間、大体僕は会社事務所にいますが、嫌いな時間ではありません。
会社自体は休みなので、電話も少ないですし、何よりも終わった一週間を・次の一週間を・自分を見つめ直すにはむしろ、なくてはならない時間になっています。
やはり自分を見つめなおすときも、よほど集中していないと上っ面で自分を見てしまいますし、すぐ他へ頭が行ってしまいます。
とどのつまりは「まぁこれも自分、仕方ない」・・・?  最低な男。

職人あつきちしお・棟梁あつきちしお・大工あつきちしお・㈱輝節スタッフあつきちしお・社会人あつきちしお・・・

みんな使命・義務があり、それぞれ違いますが、そんな中で大工さんについて少し。

「大工さん」世の中には数え切れぬ程いますが、僕は未だかつて本物の大工さんにはほんの数人しかあったことがありません。

何が本物ではないのか・・・?

この問題は、時代の流れ・業界の体制・メーカー工務店のやり方に大きく関わってきます。

大工さんの報酬はどうやって決まるのか?  それは建坪×???円です。

この???円と言うのは、メーカー・工務店・会社によってさまざまですが、お施主様からいただく金額は決まっていますので、出来るだけ安く仕事を発注したいのが元請けです。
それに対して大工さんは・・・と言うと、物件によって違いますが、1件あたりの金額が決まっているので、例えば1棟あたり70万円とすると1ヶ月でやっても2ヶ月かかっても70万なのです。
これは人間の心理として、どうしても早く完了したくなります。

早くやってなんぼ! これが今の大工さんの実態です。 
悲しいです。これではいい家が出来るわけがありません

「小さい家だから損した」 「細かい事ばっかり言われて赤字だった」 「金額が少ないから手抜きした」 「お茶も出してくれないから早く終わらせた」・・・などなど、お粗末過ぎます。

原点に返って考えて見ましょう。誰が悪いのか?
それはすべて自分達大工がこういう風潮・システムを造り上げたのです。
昔は、大工棟梁がすべてを請負い、それ以外の存在はありませんでした。
なぜ高いだけのメーカーが、こんなに蔓延ってしまったのか?
大工が、利益を第一に考え、結果誰にでも簡単に出来る仕事に走った。 すべてがそのツケです。
利益優先主義が、仕事の工期短縮をし簡略化をしメーカーを生み出したのです。

「いい家を造る」 これを念頭の第一において仕事をしてこなかったのが最大の理由。
大工が技術で勝負せずに、他に何の取り柄がありましょう?にもかかわらず、未だにこだわるのは技術ではなく、速さ。 物を言う気にもなりません。 大工じゃないんです。

いい加減に気付いて欲しい!自分が大工じゃない事に、未だ大工になっていないことに。

大工の使命: 持てる技術をすべて注ぎ込み、いい家を造る。

使命を全うし続ければ、必ず違う世界が見えてくるのは間違いありませんが、僕のであった人は皆、時代のせい・システムのせい・業界のせい、挙句の果てはお客さんのせいにする始末。

「現実がある」 「家族がいる」 「生活がある」正直聞き飽きました。 それもこれも全部逃げ!

簡単な事です。「真実はひとつ」 「正義は勝つ」いつの時代もこれだけは変わりません。
大工の使命も同じで、未だ何ひとつ変わっていないのです。

僕は大工で、職人のはしくれでい続けるためにがんばります。

大工の、職人の位置から見える景色は何にも変えがたいものがあるから

スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

ちしおさん!全く全くその通りです。

だからうちの工務店は、大工全員、社員大工でやっています。そして、大工さんは請負で仕事をしてもらうのではなく、日当制で仕事をしてもらっています。
こと住宅に関する場合、「手間の請負」は間違っており、「大工さんが誇りと愛情を持って仕事をしなければ!」と考えています。

古いやり方ですが、ちしおさんに負けずに、がんばっていきます。

  • Date : 2006-09-18(月) 11:06:14
  • Website:URL
  • Name : hiro [Edit]

hiroさんへ

おのおの、もっと突き詰めて考えるべき事がたくさんあります。

本来、どのようなスタンスで仕事に挑むのか?
個人の自由なのかも知れませんが、やはりお客さんから見た「こうあって欲しい」と言うのが理想像になるんでしょうね。

理想と現実ですか。

「理想が今の現実」などと言える日が来るといいですね。

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/44-4d43900f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。