スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

満足と幸せの違いⅥ



これを→ランキング『フルパワー』でクリックしてください!!



昨日は何が言いたかったのか・・・


昨日のようなことを「条件付の愛」といいます。


知ってましたか?



それを知っているだけでは、なんの意味もありません。


やはりこの言葉も、宇宙の法則にのっとり相対によって成り立っています。


ここに着目していただきたいんです。


相対関係に位置するもの・・・



「無条件の愛」です。


これの意味するところは何か?


正義です。


これこそがまさしく本物の正義。



僕たちは子供の頃、仮面ライダーやウルトラマンを見て大きくなりました。



格好いい・・・


俺も正義の味方になるんだ!


そうなんです。


言葉の通り、「正義の味方」で本物の中の本物ではなかったんです。



本物の正義とは悪を成敗することなどしません。


悪を更生させるのが本物の正義。



ここでも多くの勘違いをしてきた人は多いはずです。


かくいう、僕も何十年に渡って勘違いをしてきました。



なぜでしょう?


人間は、みんなに愛されたいと強く切望しても、


誰しもを強く愛せる人間になりたいと願う人の比率は圧倒的に少ないのです。



誰しもに愛される人間になりたい。


これは、ある意味「成功哲学」には必須条件になってくるのでしょう。


愛されない人間が成功するはずがありませんから。



そして、無条件の愛。


これの意味するところは・・・



子供を思うときの、あの胸がジ~ンと温かくなる思い。


この子がいるおかげで私は幸せ・・・


そんな思いを感じさせてくれる相手が、この地球上に何人もいたとするなら・・・



愛されることも、ある意味幸せかもしれませんが、やはりそれは


どこまで行っても相手が持っているもの。


自分ではなく、相手次第でうつろぎ落ち着かないものです。



そうではなく、自分のなかに普遍のものとして持ち合わせる幸せ。


それは、相手が感じさせてくれるものではなく、自分で磨くものなんです。



自分の家族・友達・近隣の人・同じ町の人・国の人・世界の人・・・

そんなすべての人を家族と同じように愛せたとしたなら・・・


これぞ幸せの境地なんです。



「そんなこと出来るわけないだろ」!


って声が、すかさず聞こえてきそうですが?

出来るんです!


絶対に努力次第で近づく事は出来るんです。


それを達成した人がいます。



そんな生きとし生ける、命を持つすべてを愛した人。



イエス様です。

僕は宗教家ではありませんが、イエス様は話を聞いただけで、


この人のために生きてみたい、と思わせるものを感じてしまいました。



この宇宙には、いくつもの法則が常に働いています。


人間が生きる限り、これらの法則は片時も法則の力を弱めることはありえません。



有名なその中のひとつ、「鏡の法則」


間違いなく、イエス様が一番幸せだったんだと思います。



命あるものすべてを分け隔てなく平等に愛された。


その結果、世界中の人に愛されていた。


今もなお、僕のような下らない人間をも虜にしてしまうほどです。



もし、目の前に存在するなら、僕はすすんで自ら何でもするでしょう。

イエス様は悪を裁くことなどしないようです。


まさしく本物の正義でもあります。


これこそが人間が追い求めるべき「真の幸せ」で、努力なくして手に入れることはかないません。

この宇宙に常に働く、いくつもの法則に乗っ取って、


人間は、何も考えねばそのような。


そんなことどうでもいいや、と思えばどうでもいいような。


そんな人生が必ず待っています。



命とは? 生きるとは? 愛とは? 正義とは? 神とは? 自分とは?


幸せとは・・・?



一般的な「幸せ」は、やはり相対によって成り立っています。


幸せではない時間があることによって実感できるものです。



しかし、これはあくまで一般的な幸せ。



相対なんて薄っぺらい物ではなく、


絶対的な幸せがあります。


ひと時感じるものではなく、永遠にその中にい続ける、永続する絶対的な幸せ。



真の幸せは実感するものではないんですよ。

そこにい続けると言うことは、そうではない時間があったことによって実感しますが、


永続する真の幸せ。


第六感で感じるものです。。。


あなたは、誰しもを愛する努力をしていますか?


それは、上手くいきましたか?


上手くいかない人は、「自分」と言う言葉をもっと見つめなおした方がいいですね。


この言葉の中に、大きなヒントがあります。


自分・・・


素晴らしい言葉です。


ふっふっふっふ


だーはっはっは~


 


とりあえず、満足と幸せシリーズは終わります。


言いたいことの3分の1ほどになってしまいましたが、とりあえず終わります。


このまま行くと、宗教ブログになってしまいそうなので(汗)


スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

自分 自分 ・・・
ノ目八刀 ・・・
分解してみたけど、ダメです
わかりません
とにかく
自分より、自分のPCを早く救出してやることに専念します

  • Date : 2007-04-28(土) 20:12:47
  • Website:URL
  • Name : kumaotoko [Edit]

kumaさん

PCの方が簡単に直るかも知れません。。。

  • Date : 2007-04-28(土) 20:33:48
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

はじめて書きます

はじめまして。Davidといいます。
ここ数日「満足と幸せの違い」を読んでました。HOWPAで知り合った、あぶりしゃけさんのお勧めでした。
あつきちしおさんの文章には、力と独特な魅力がありますね。
ただ、今までコメントは書きませんでした。

これからもコメントを書くつもりは無かったのですが、今回はイエス様の名前が出てましたので、書かざるを得なくなってしまいました。
私はクリスチャンです。
あつきちしおさんのイエス様の理解はとても深くて感動しました。イエス様の愛を本当によく理解されていると思います。

ただ、少しだけ事実と異なっている点がありましたので、あえてコメントを書くことをお許しいただければ感謝です。
   命あるものすべてを分け隔てなく平等に愛された。
   その結果、世界中の人に愛されていた。
とあつきちしおさん書かれています。前半は正しいのですが、後半は残念ながら間違っています。
イエス様を正しく愛せた人は一人もいませんでした。イエスが最も愛した12人の弟子ですら、イエス様が十字架に架かる時には怖くて逃げてしまいました。
イエス様の一番の弟子のペテロですら、「イエスなんて知らない」って3度も否定したんです。
でも、そういう不完全な弟子たちをイエス様は愛したんです。イエスのことを人々は愛しつくすことができないことを十分に理解した上で、イエスは無条件で人々を愛しつくしたんです。命を掛けてイエス様は人々を愛しつくしました。その愛を誰も理解できないにも関わらずです。だからイエス様の愛は無条件なんです。
当時のユダヤ人もイエス様を理解しませんでした。ローマ帝国は扇動罪でイエスを十字架刑にしました。イエス様の家族もイエス様を理解しませんでした。
結局、イエス様の愛を誰も理解できない中でイエス様は愛を全うされました。

私がイエス様を愛している理由は、イエス様の愛が無条件だからです。私の愛が不十分であることを十分に知った上で、私を無条件に愛して下さるからです。
その愛を知った時に、私は応えざるをえませんでした。
すみません、宗教の時間になってしまいました。

  • Date : 2007-04-28(土) 20:47:54
  • Website:URL
  • Name : David [Edit]

満足と幸せシリーズ、リクエストに応えてくれてありがとう。
初めはアップルティとプリンの話だったのに
とても深い話になりましたね。
愛されたいと願うなら、まず自分が愛さなければいけない。
自分・・・みずからをわけるでしょうか?
まだまだ理解が足りてないでしょうけど
とても興味深い内容でした。ありがとう

  • Date : 2007-04-28(土) 22:06:26
  • Website:URL
  • Name : yukiyuki [Edit]

愛とは・・・

イエス様のことは、よくわかりません。

それでも、最近見えてきたことがあります。
愛とは、受け入れることなんじゃないかって。
関わってくれる全ての人を、まずは認めていけいれてみる。

それは、人のためではなく、自分のためです。
そうすることで、自分自身を楽にしてあげることができます。

もしかしたら、自分の部分を関わってくれる人に背負わせてしまっているのかもしれません。
でも、同時に自分も相手の何かを背負うのです。

そうやって、お互いにもたれかかりながら、かかわりながら生きていく。
それは、決して条件付で、相手に求めていることではありません。

相手を受け入れると、自然にそうなってしまうのです。

もしかしたら、私も知らない間にちしおさんに背負わせてしまっているのかもしれません。
そして、私も背負ってしまっているのかもしれません。

でも、それでもいいと思います。

いいでしょ・・。
それで、お互いが楽になれるのなら。
もっと楽になっても、いいんですよ。

吾郎のお相手のシミズか?
イエスって

メジャーにはまるナイスオヤジ

Davidさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
なにも間違ってはいないじゃないですか。
それは、愛されていたことに変わりはなく、大きさの違いだけだったと思います。
事実関係がどうだったのかは知りません。
スピリチュアルな部分に入ってしまいますが、
そもそも正しいと間違いなんて存在しないのかも知れません。
すべてが真実の愛です。
弱かっただけです。
そう考えねば、世の中の大半を否定せねばならなくなりますよ。。。

  • Date : 2007-04-29(日) 03:24:10
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

ハニ~

どういたしまして。
やはり、文章で語るのは難しいです。
甘く採点しても50点でしょうか?
あまりやりすぎるとくどくなってしまうような気もするし・・・
まぁ、最終的には
笑って済ます。。。
だーはっはっは~

  • Date : 2007-04-29(日) 03:30:15
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

しゃけ

背負うとかそんな難しいものではないんです。
愛とは与えること許すこと。
考え方のすべてのスタートは「いまここ」です。
自分がなぜ、いまここに存在できるのか・しているのか?
認めない=裁くという方程式が成り立ってしまうんです。
認めるということ自体がそもそも、自分中心の考え方になってしまうんですね。。。

  • Date : 2007-04-29(日) 03:42:35
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

ナイスおやじさん

メジャーにイエスは出てきません。
もっとよく読んでください!
大体、僕が2年も前に全巻制覇してたんです。
2年分遅れてますよ!
早く読みなさい!早く!

  • Date : 2007-04-29(日) 03:44:54
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

またまたDavidです

> それは、愛されていたことに変わりはなく、大きさの違いだけだったと思います。

これはクリスチャンの考えとして聞き流して下さい。
聖書的には、大きさの違いではなく、完全に質的な違いとクリスチャンは考えます。
もちろん誰もがイエス様の愛を目指しなさいというのが聖書の教えですが、イエス様の持った愛を人間は持つことは出来ません。
もし、それを持つことが出来たなら、人間が神になってしまいます。
あつきちしおさんを批判するつもりはありません。
ただ、聖書が述べていることだけを書きますと、神が人間としてのイエスの形をとって地上に現れたと考えます。人間が神になったのとは違います。

> そう考えねば、世の中の大半を否定せねばならなくなりますよ。。。

はい。それが聖書の教えです。
イエス様も「私を信じれば、世界中から非難され嫌われます」と言ってます。
人間は不完全ゆえに愛を持つことができない。それでイエスキリストを信じることによってのみ、真実の愛に近付くことが出来るのが聖書の教えです。
一神教ですから、非常に排他的です。
世の中には「無条件の愛」という言葉があふれています。でも聖書的にはイエスキリスト抜きの無条件の愛はあり得ません。
聖書では「神は愛」だと書かれています。或いは完全な愛はイエスキリストだけが持っていると考えます。
イエス自身も聖書の中で自分をこう説明しています。「私だけが唯一の道」だと。私はその道を知っているという教えではなく、イエス自身が道であるというのが聖書の教えです。
独善的なドグマに聞こえるかもしれませんが、聖書に書いてあることだけを述べました。
でも、聖書的でないイエス様なんてないんですよ。イエスの情報の99%はただ聖書からの記述なんですから。

ただ、あつきちしおさんの書いている「すべてが真実の愛です。弱かっただけです」は、聖書の深い真理を述べているように感じます。

自分が書いた文章を読むと、狂信者の一方的な発言で全てを否定しているように感じます。まるで愛の無い発言に聞こえますね。
はは。皮肉です。

  • Date : 2007-04-29(日) 06:31:59
  • Website:URL
  • Name : David [Edit]

ごめんなさい

やっぱり言い過ぎたと思います。
根が攻撃的な性格なので…
あつきちしおさんのパワーに引き出されて、言い過ぎました。

すみません。これに懲りずに、これからもよろしくお願いします。

  • Date : 2007-04-29(日) 08:08:36
  • Website:URL
  • Name : David [Edit]

弱さゆえ

許すことと認めることは同じです。
「許す」この行為には、必ず許す主体、許す人がいます。
「認める」これも、ちしおさんの言うとおり、また同じ。

国語辞典にも、「認める」と引くと「許すこと」と書いてあります。
結局は、人と人とが互いにもたれかかっていくと言うことではありませんか?

あなたがいるから私がいる。
そして、私がいるからあなたがいる。

それぞれに、自分がいるんです。
まず、自分を愛さないと、自分以外を愛するなんて出来ないと思います。

まずは、自分自身を許してあげる、受け入れてあげる・・・。

これも、弱さゆえですね・・・。

とりあえず、私を自分で許しておくことにします。

こんなしゃけを、笑って許してね。
わっはっはっはっはっ♪(*^▽^*)

Davidさん

いえいえ、とんでもないです。ありがとうございます。
僕は宗教家ではありませんので、そこまで深く入るつもりはありませんし、キリストも仏教も素晴らしいと思っています。
とある説ではイエス様とお釈迦様は同一人物という話も聞いたことがありますし、世界中に聖者と呼ばれる人は何人かいます。
そういう方の教えは根本的に皆同じで、深く理解するよりもひとつでも多く実践することを唱えていると思うんですね。
誰がどう、どれがなにではなく、説くのは誰でもいいんです。
どう実践するかが大事だと思うんです。
僕の師はジェームズ・アレンで、全く違う人物ですが、イエス様とまったく同じ事を言っております。

  • Date : 2007-04-29(日) 09:12:22
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

しゃけ

辞書・・・(汗)
許すことと認めることは完全に違います。
よ~く考えてください。
同じ意味であれば、ふたつの言葉は必要ありませんし、そもそも言葉は人間が作った概念のひとつに過ぎません。
自分を愛さないと他人を愛せないのは間違いないです。
人間は常に自分を許し続けているんです。
許さないことなど一度もないから、いまここにいるんです。
そのへん難しいかな・・・

  • Date : 2007-04-29(日) 09:16:58
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

血潮さんは

建築以外にも様々なことを知ってるんですね。
すごいですね。
ほかにも、いろいろ教えてください(笑顔)

  • Date : 2007-04-29(日) 12:11:42
  • Website:URL
  • Name : シンプルモダン1号 [Edit]

シンプルモダン1号様

昨日もブログの方に遊びに行ったのですが、誰が1号なのか分かりませんでした(汗)
仁王立ちになっている写真を公開されているあの方は、違いますね・・・
僕は建築以外のことはほとんど何も知りませんが、今まで書いてきたことは建築を入り口として知らず知らずのうちに学んできただけです。
勉強嫌いな僕を勘違いしないでくださいね(滝汗)

  • Date : 2007-04-29(日) 13:22:37
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

血潮さんへ。

キッチンの前で立っているのが私、1号です。
ヨロシク!!(^.^)

シンプルモダン1号さん

そううでしたか・・・
誰からも愛されされそうな素晴らしさをかもしておりました。

それと・・・

血潮ではなくてちしおなんですが・・・(汗)

  • Date : 2007-04-29(日) 23:27:18
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。