スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

親友

こんばんわ、あつきちしおです。昨日、親友のH君と新築工事の契約をかわしました。
「H邸新築工事」いつも通りの仕事をすればいいと思うのですが、いつもとは違う緊張感です。
こういう心境になるとは思っていませんでした。 なぜ・・・?


親友、その定義はなんとなく分かりますが、僕に親友と呼べる人間は、他に・・・他に・・・?。
それで不満ではありませんし、対外的に見てもおかしくないのは分かります。
しかし、僕は自分のことを、さほどおかしな人間だとは思っていません。
では、心底分かり合える人間が、他にもっといてもいいんじゃないか?
突然、変な疑問に駆られました。

親友とは一人・二人しか出来ないものなのか?
それとも、人が見たときに、僕は理解しがたい人間なのか?


環境が変わると、友達も変わる。それは今までの経験で感じました。
若かりし頃、親友と思った関係が、年とともに友達に変わっていきました。
H君は、僕と同じ建築関係、時々一緒に仕事していますが、もし、どちらかが建築業界から去ったとしたら、関係も変わってしまうのでしょうか?

僕も年をとったせいか、「友達を作る」と言う事はあまり意識しませんが、逆に「人に嫌われない」と言う事は、日々頭の中から消える事がないほど意識します。

不思議なものです。自分の成長が止まると友達は去るような気がします。
逆に成長著し過ぎても、友は去るような気がします。
ここで言う「去る」という表現は、縁遠くなると言う意味ですが。そんな感じを持っているのは僕だけでしょうか?自分は常日頃、「人に好かれる・尊敬される人間になりたい」と切望しています。
それが反面、「人に嫌われないようにする」・・・? 訳分かりません。
それでも僕はいい仲間に囲まれて幸せだと思います。


皆さん、よろしければコメントください!ない頭で精一杯お答えします!お願いします。

スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/25-dde78200

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。