スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…


最近、異常に暖かいです。


それはそれで助かるんですが、やはりここまで暖かいと危機感を感じてしまうのです。


僕は頭が悪いので、「地球の平均気温が0.5度上がると、とんでもないことになる」ぐらいの認識ですが、


やはり冬は冬らしくあるべきなのです。


なにが言いたいのか・・・?


行き過ぎた快適さの追求は、必ず「しっぺ返し」があるということです。


どこからが行き過ぎでどこまでがそうでないのかは、ここでは触れません。


僕だって、「ここからだよ」なんて、線引き出来るわけではありませんから。


僕もマイホームを1年前に新築しました。


18坪平屋・築35年の「あばら家」から、一気に50坪階建て・ひのき作りの立派な家に・・・


そこで、はじめて思うこともあるのです。


まえの「あばら家」。


あれはあれで、悪くなかったな・・・


冬になると、朝家の中で吐く息が白い。


夏になると蒸し風呂のように暑くて我慢できないほど。


そして、6帖の和室がふたつと、6帖の洋間・キッチンがそれぞれひとつ。


僕の家族は全部で5人です。


ハッキリ言って、「せまい」のひとこと。


6帖のテレビとソファー・ちいさなテーブルが置いてある部屋に、夜ともなるといつも5人。


それにくらべて、新しい家は大きくてなにもかもが快適・・・ と思っていました。


実際に自分が大きな家に住んでみると、何かが違うと感じずにはいられません。


この前、親友でもある電気職人からおもしろい話を聞きました。


明日は、その辺もからめてということで・・・  つづく







スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/205-266d7b40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。