スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

まかせ・・・

今日は、小さい工事といっては失礼になりますが、工事金10万円程の見積りを、とあるお客様に提出いたしました。この仕事のクライアントは我社のお得意さまで、今まで何回も仕事をいただいております。お声をかけていただいたときに、小さい仕事だったので、私ではなくスタッフに、最初の打ち合わせから全て任せたい旨を伝えたところOK!とのことだったので、スタッフに「行ってこい!」の指示をだしました。今週火曜日、現場打ち合わせの後、今日の見積り提出まで3日もかかっています。さもすれば明日の提出になっているところでした。 ふぅ~


僕は、スタッフに問いただしました。お客様は「いつ見積りできる?」言ってなかったか?
「ええ、何も言われなかったです」。 そうか・・・。 で、お前はお客様に「いついつ見積りをお持ちします」とか「どれだけお時間いただけますか?」ということを、聞かなかったのか?
「ええ、聞いてないです」・・・。  僕はスタッフに激怒しました。
もう、すでに今の段階で信用なくなってるかもしれないぞ!」
たかが10万されど10万」10万円というお金は大金です。自分の財布から10万円が出て行く瞬間が、一年に何回あるでしょうか?もしかしたら、ないかもしれません。
10万円というのは、そういう金額、大金なのです。
お客様によっては、「これぐらいだったら今日中に見積りできるかな?」「明日にははっきりした金額がわかるかな?」「かかっても2日だろ!」こう考える方もたくさんみえます。
それをスタッフは、何の断りもなしに3日もかけていたのです。

見積り依頼を受けた時、「まず最初にお客様の希望提出日をお聞きする」何も言われなかったときは、「こちらから提出日を明確にして、了解をもらう」というのは常日頃、耳にたこが出来るほど言ってあるのですが・・・ 実際は出来ていなかったという事です。

もしかしたら、すでにイライラしてみえたかもしれません。同じ3日後でも、最初に了解をいただいていれば、この3日間はイライラしずにすんだと思います。小さな事のようですが、この小さな積重ねこそが、大きな信用に繋がっています。いくらお値打ちな見積りでも、お客様の立場を無視したような提出方法では、何の価値もありません。正直言って「ショック」でした。
ただ、これも勉強ですから、スタッフには「2度と踏まない同じ轍」として、肝に銘じて欲しいです。
スタッフに言わせるとこうです。「今回の事は、お前がお客さんの立場だったら、絶対文句言うだろ!」「はい、言います」 「自分がされて嫌な事をお客さんにするのか?」 「人のことは分かるんですが、自分の事になると・・・」僕は、自分がスタッフを厳しく導けば、出来るようになると思っていました。 が・・・? もしかしてこれは人間の感情、その人が持合わせる「思いやり」の部分がそのまま形となって仕事に現れるのでしょうか?はたまた僕の指導能力のなさ?
また今日も懺悔です。

スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/20-1450e236

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。