スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

それもちょっと違うような・・・

朝、現場に行ってみると、オープンハウスも終わって静けさを取り戻していました。
今日の現場は、わずかの掃除と引渡し前の最終チェックです。
大きい家なので、漠然と見回してしまうと、どこも問題ないような・・・
しかし、部屋単位に区切って、尚且つパーツごとに見ていくと、結構いろいろ問題ありです。
自分たちでクリアーできる範疇であれば問題ないのですが、
施工をした専門業者を補修に呼ぶとなると、またいろいろ問題です。
2業者、ピックアップされました。


1つの業者さんに対しては、こちらサイドで簡単に取替えが可能だったため、わずかながらの材料を現場ではなく、事務所まで届けてほしい旨を、電話にて伝えました。
「わかりました、すぐお持ちします」とのことでした。

もう1つの業者さんは、数箇所・広範囲であったため、手直しに来てほしい旨を伝えたところ、
「翌日伺うので、立ち会って欲しい」とのことでした。

一見、どちらも良心的な対応に見えますが、両者とも違うような気がします。
何が違うのか・・・?


私がやった仕事であれば、人に手直ししてもらうような恥ずかしいお願いは、絶対出来ません。
立会いもして欲しくありません。専門職のやる仕事ですから、どのあたりが出来ばえが悪くて、
言われる可能性があるのか?自分が一番わかるはずですし、もし、それが分からないようであれば、専門職の人の合格基準が、それ以外の人より低いということになってしまいます。
私個人も、大工を長年やっておりますが、やはりお施主様からクレームが出たときに、
素人以下の合格基準を持っていた自分の情けなさに、職人をやめたくなります。が、それを乗り越えることによって、いつもステップアップしてきました。
考え様によっては、クレームを戴いた時が、自己改革をする最大のチャンスなのです。

問題は、周りを取巻く状況も含めて、どこまで自分だけのせいに出来るか?です。
私は、ステップアップし続けたいので、それ以外にも自分のせいに出来ることはないか?
これからも探し続けます。


スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/2-ee22f1f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。