スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

携帯電話業界ってステキ!



まずはじめに「これ」をblogランキング見て楽しんでください!



こんばんわ、謎の人物「あつきちしお」です。


なんでか知らないですが、最近ちまたではそうなっているみたいです。


今日は、僕の個人的な主観のみですが、携帯電話業界と建築を重ね見たいと思います。


僕は以前から、携帯電話業界に脅威を感じています。


なぜか・・・?


僕は毎度の事ながら、1年を待たずして機種変更に行くんです。


店に入ってみると、


「!!!」


1年前に「新機種」で買った、自分の携帯が姿かたちもない!


0円のコーナーを見ると・・・


そこにもない!


存在自体許されていないんです。


そして、もっと新しい機種が、もっと安い値段で・・・


最新機種のコーナーを見ると、以前買ったときと同じような値段で予約待ちの状態。


これって、素晴らしいことじゃないですか?


僕たちの売っているものは、建築物及びそれに関わるもの。


僕はこう思いますし、業者さんにもいつも言うんです。


どんなに「うまい」と思ったラーメンでも、1週間食い続ければ「飽きる」んだ!


お前の店は「同じメニューを同じ値段」で、何年食わせ続けるつもりだ~!


ちょっと、エキサイトして言い方がきつくなってしまう時もあるんですが・・・


流行っているラーメン屋でも、改良の努力はするべきです。


ラーメンに直接手を付けれないのであれば、サイドメニューに。


サイドメニューも無理ならば、サービスに。


サービスも無理ならば、店内・設備に。


店内・設備にもむりならば値段に。


事業主は、一旦軌道に乗ってしまうと、「俺のやり方が正しかった」という考えを大半の人が持つようです。


一旦こうなってしまうと、中々いま自分がやっていることに?が持てない。


確かに「正解」だったのでしょう。


しかし、それは「その時・その場所」での正解だったに過ぎないんです。


流行らない店であれば、当然流行らせる事を、


流行った店であれば、もっともっと流行らせる事を、


こう考えるのが、建築においても自然な流れだと思うんです。


以前お世話になったお客様に、3年ぶりに会った。


「まったく同じものを、もう1回作って欲しい」といわれた時に、


「そのお見積りは、まだ残っていますから」


この返事では、お客様は「いきなり、引いてしまう」んではないでしょうか?


3年たったのであれば、3年分の進化の軌跡を見せる必要があります。


あの時はこの仕様でしたが、おかげさまで、今では同じお値段でここまで出来るようになりました。


あの時はこのお値段でしたが、同じものをご希望であれば、今はもっとお安く出来ます。


大別すると、この二つになると思いますが、どちらも言えない業者さんは、


間違いなく「アホ」です。


「いや~、材料が値上がりしたんで」!


「職人さんの手間が上がっちゃいまして」!


どうも、こちらの方は常に「材料と手間のみ」で商売しているようです。


サービスとかクオリティーというのは英語だから、難しいんでしょうか?


僕でも知ってるんですけどね。


そんな人に限って、「この携帯でこの値段は高いよな~」


「この機種なら、タダでもいいんじゃな~い」


とか言ってるのを、よく耳にする「あつきちしお」でした。


全部読んでくれたお礼にblogランキング見て楽しんでください!


スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

ちしおさんはイメージ的に年代物の携帯使ってそうだったのに
そんなに新しもの好きとは。

それはさておき、確かにどんなに美味しい物でも毎回されでは飽きますね。
うちの父がそんな感じ。
一度美味しいって言ってしまうとしつこくしつこく同じ物を作ってくれるので
極力褒めないようにしてます(^_^;

  • Date : 2007-01-06(土) 23:15:45
  • Website:URL
  • Name : yukiyuki [Edit]

あの~

yukiyukiさん
それとは、少々ニュアンスが違うような気もするんですけど・・・
僕が言ってるのは、あくまでこれは、自分のためにやるんです。
こういうのが、いい会社とか優良企業になっていくんではないでしょうか?
お金に執着しすぎると絶対に出来ないと思いますけど・・・

  • Date : 2007-01-06(土) 23:27:49
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

本来は

前の仕事よりも良い仕事をする、と思うのが当たり前だと思うのです。

必然良くなっていく。

場合によっては金額も変わることもあるでしょう。
どうしても妥協できない部分があるので、以前よりも高くなりました。
それでいい、というかそうあるべきじゃないのでしょうか?
わたしゃあそう思いますね。
だっておかしいですよ。
「うちの会社の建物はこのやり方で完成していますから」なんて話は。
改善していくのが当たり前。
私の家がすぐに型遅れになるのは嫌だ、という人もいるでしょうが、あなたの家がその時のベストだったのです、と答えるしかないでしょう。
反省⇒改善 の繰り返しです。
某会社のようにモデルハウスが大地震で倒壊してから、「改善しました」なんて笑い話にもなりませんから。
長くなったのでこの辺で。

そうねんですけどね

僕が言ってるのは、建物全体ではなく、各個人単位の話です。
すいません、説明不足でした。
確かに、建築物全体でみれば、さほど難しくないですね。
しかし、業者おのおのが・・・
と、僕は考えるべきだと思いますよ。
所詮我々は、建築全般であって、その道のアスリートにはなれませんから。

  • Date : 2007-01-07(日) 07:19:26
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

わかりますよ。ちしおさんがいわんとすること。
人間、成功してしまってそこで努力を怠れば
どんどん落ちて行くだけ。
常に新しいものを取り込み
自分自身変わっていく努力をしないといけないってことですよね?

あら?またちがう??

  • Date : 2007-01-07(日) 13:59:48
  • Website:URL
  • Name : yukiyuki [Edit]

それとは少し

違いますね。
人によって感じ方が違うという事です。
もの凄く流行った店と言うのは、大半の支持を得たと言う意味です。
残りの僅かに対しては、「飽きもせずに何年も」・・・と、思われているかも知れませんからね。
怖いもんです。

  • Date : 2007-01-07(日) 17:15:38
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

ちしおさんへ!

 コメントに苦労してますね!
棟梁はその道のアスリートになるべきです。
私にも応援させて下さい。

  • Date : 2007-01-07(日) 20:58:35
  • Website:URL
  • Name : 道三 [Edit]

いつもありがとうございます

いえ、僕はいつも大した事は考えてませんから・・・

その道のアスリートですか!?
まったくその通りですね。
僕も弱い生き物ですから、グラグラ揺れたりするんです。と言うか揺れっぱなしって話もありますけど・・・

精進しますよ!

  • Date : 2007-01-07(日) 21:24:20
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/152-a8dfd432

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。