スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

3年の「大工見習い」



「これ」をblogランキング見て楽しんでください!


今日で「仕事納め」だった、あつきちしおです。


先日お話した、「やる事が無いから大工になった」


本日はこの続編を少々。


僕がこの業界に「ズブの素人」で飛び込んだのが、15年前(24歳)。


背水の陣でした。


学歴はない、何をやっても続かない・・・


これ以上、自分のダメさ加減を証明することに不安を覚えていました。


建築を紹介いただいた方に「どんな職種が1番難しいんですか」?


と聞くと、「それは、やっぱり大工だろ~」と教えられ、大工になった。


たったそれだけの理由でした。


しかし、どうせやるなら「腕のいい大工」と言われるような職人になりたい。


「あ~、そういう難しい仕事なら、あそこのちしおさんじゃないと無理だよ」


そんな事を言ってもらえるのが、僕のイメージした「職人」でした。


このイメージが非常に大切なんです。


出来るだけ正確なイメージをし、その思いを強く持つ。


自主的に頭を丸坊主にし、弟子入りしました。24歳の丸坊主。


最初の見習い期間中、2年間はHMの仕事をしました。


親方が、HM→工務店→その下請けという形態で、HMの仕事ばかりやっていたからです。


業界に飛び込んでみて、即座にこの請負形態に疑問をもちましたが、


「これが、最近のやり方だ」と教えられ、自分を変えられました。


2年間、壁のボードを貼るばかり、自分の夢に描いた大工さんとは程遠いものでした。


お客さんの中には、親方の事を「大工さん」と呼ぶ人もいる。


「棟梁」と呼ぶ人もいる。一体なにが本当なのか?


建築の知識が無い、素人同然の僕にはまったく分かりませんでした。


兄弟子がひとりいました。この道一筋15年。


親方に「10年頑張れば1人前になれる」と言われました。


僕にそこまでの時間はないと思いましたが、腕のいい兄弟子を見ると・・・


でも、親方になにを言われようと、親方の仲間に囲まれて染まってしまいそうになりながらも、


自分の夢だけは捨て切れませんでした。


自分が信じるものを、親方ではなく「先人たちが残した書物」に移行していきました。


家に帰ると、本を手放しませんでした。食べる時はもちろん、寝る瞬間まで


やはり、違う。これでは「真の腕がいい職人」にはなれない!


紹介者の面子の手前、2年間の葛藤の末、新天地を求めました。


二人目に出会った親方。僕が望むすべてを持っていました。


僕はと言えば、2年の何も知らないという大工歴。嫁と子供もいました。


気づいた時にはもっと背水の陣になっていました。


面接の時、「2年で全部覚えろ」といわれました。


昔から、大工は4年の修行と1年のお礼奉公と決まっている。


それ以上かかる奴は、一生1人前にはなれないと言われました。


よ~しここで頑張ろうと決めて、家路に着き、待っていた家族の顔を見ると、


止め処も無い不安が沸き起こり、夜の10時にもう一度チャイムを鳴らし、


こちらが問いただしました。「僕は一生懸命がんばります」「本当に教えてくれますか」?


次の日に、大工道具の一覧を作ってもらい、自分の道具を買いに行きました。


初めての「自分の大工道具」。かんな・のみ・両刃のこ・・・


はじめて触るものばかりでした。


最初の2年間では、大工道具らしいものは必要としていませんでした。


のみ・かんなの仕込み方・使い方、いろんな材木・木工機械、今まで触れた事の無い仕事。


見るものすべてが、今までの2年間の世界の浅さを教えていきました。


僕はといえば、昼は大工仕事・夜は本や親方に出してもらった宿題など、


夜の1時2時まで毎晩勉強をするという日課を過ごすようになっていました。


朝は7時に倉庫について、みんなが来るまでに掃除を終わらせる。


8時までの残った時間で、道具の手入れ。


無我夢中で、楽しいも苦しいも感じる間もない1年を過ごしていました。


そこにあったのは、新しいものに触れる喜びと、上手くいかない苦しみ。


見習い期間3年。うち、本物の大工の修行期間1年。


これが僕の小僧見習いの経歴です。


しかし、「独立」は工務店の下請けのひとり親方としてでした。


そこから4年間が「事業を立ち上げるまで」の、悶々とした4年間になります。


そこから先の話は、またの機会に・・・


不安と心配を抱き続けても、夢だけは捨てない事です。


自分の思いは、現実世界をかたどっていきます。


夢とは、かなえるために存在しています。


                                 つづく・・・


スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

うん うん うん と頷きながら読みました。
一人立つ時よくぞ思い切ったものだと。
きりり ですね。
たまにははめを外すけどねぇ〜
こういう経歴だから
人に勇気を与えられんですね。
今後も
ばかして仕事してはめをはずすけど
やっぱり 家をつくって下さいね。

がんばります

「いい家」は無理かもしれないですけど、
心血を注いだ家を作り続けます。
tatsuroさんに、頷かれると・・・
バカの方はお任せください!
僕の専売特許ですから。

  • Date : 2006-12-31(日) 01:03:03
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

大まじめな話

失われてしまった伝統工法を復活させた人がいます。

千年耐久させるだけではなく、住む人の感性までリセットできます。

近々ご紹介しますね。
きっとちしおさんの感性にはヒットしします。

そうですか

タイトルから入っていかないと、真面目な話しが出来ないほど脱線しつつあるんですね。
ご心配なく、わざわざ使い分けしていただかなくても、その辺を見分ける感性は持っております。
住む人の感性をリセットすると言うのは、すごい領域じゃないですか。
僕の目指すところですね。
辿り着いてみたいです。

  • Date : 2006-12-31(日) 12:16:35
  • Website:URL
  • Name : あつきちしお [Edit]

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/147-1538d236

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。