スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

「いい」と「すき」ではなく「好き」と「嫌い」



僕は最近、いつも考えていました。


なぜ人間は、好きになる・嫌いになる・・・


こんな感情を持っているのでしょう?


そんなこと、「建築と何か関係あるのか~」!  


思いましたか?


あるんです!!


大ありなんです!!!


家は、人間の集結した力によってしか生み出す事が出来ないからです。


「好きになる」、これは紛れもない「愛」でしょう。


「嫌いになる」、これは・・・


「裁く」ということです。


「愛」=「許す」


「嫌い」=「許さない」


「許さない」=「裁く」


こんな方程式ですか・・・


僕は、自分で裁いてきた・・・


今は努力する事によって、「好きではない」にとどめることが出来ますが、


今までは、僕が人間を裁いてきた。


こんな事があっていいんでしょうか?


人間が人間を裁く・・・


人間が人間を裁く・・・


人間が人間を裁く・・・


そんな事があっていいはずがありません。


 


それでは・・・


物は、どうなんでしょう?


僕は「きゅうり」が、死ぬほど嫌いです。


もう、30年以上食べた事がありません。


・・・


「きゅうり君」 許してね!


食べる事は、してあげれないけど・・・


僕は、匂いと味が嫌いで、あの鮮やかなまでの「グリーン」は好きです。


今日から、あなたの事が「好き」と言えるようになりました。


あなたは、僕が愛している人に愛されている。


この世界は、「愛」に満ちています。


 


僕は最近、なぜかハウスメーカーが好きなんです。


造っている「家」が好きなわけではありませんが、


あの、宣伝力?


何も知らないけど、頑張っている若手営業マン?


さほど難しくない仕事で「俺は職人だ」と言ってる、現場員?


どこまで行っても、徹底されないマニュアル?


ネームバリュー?


たくさんの仕事・物件?


僕の会社では、宣伝力も、営業マン・マニュアル・ネームバリュー・たくさんの物件、全てありません。


もちろん、半端な仕事で「職人」を名乗る奴は許しません。


最近になって僕自身、物欲を捨てる事ができた関係もあるかもしれません。


僕がないものばかりの、ハウスメーカー。


間違いなく好きです。


はっきりした理由は言えません。


ただ、ひとつハッキリしている事は、どこにでもある仕事があるから、


どこにもない仕事も存在する、という事ですか。


大きな名前があって、無名が存在できる。


嫌いな物があってこそ、好きな物がある。


大好きになるためには、嫌いになっていいんです。


嫌いになって、好きを再確認する。


・・・?


好きと嫌いは、本当に存在しているのでしょうか?


それでは一体?


僕の「きゅうり君」は、どんな存在なんでしょう?


 


「きゅうり君」が、30年以上かけて僕に教えてくれた事。


・・・?


「無条件の愛」


僕の人生のテーマです。


かなり答えが見えかけた気がしました


気がした・・・?


まだ僕がいるのは妄想の世界ですか・・・?


でも、こころには真実の光が確かに見えます。


 


スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

表裏一体

何事も表裏一体ということなのでしょうか?
好きがあるからこそ嫌いが存在できる。
「ある」と「ない」の事と同じですね。
でもまだまだ僕はそこを深く理解する事はできていません。
正直に素直に認める事からはじめていますが・・・

一歩ずつ進みま~~す。

  • Date : 2006-11-27(月) 09:53:40
  • Website:URL
  • Name : いちはし [Edit]

おはようございます

「嫌い」と言う事を理解する為には、「好き」と言う事を、よく理解する必要があると思います。

そこにその存在があるのか、ないのか?
その通りだと思います。



識別が大事なのだ!

わかってはいてもこれがホントに難しい。

「好き」「きらい」は個人の評価。

「善」「悪」は普遍的な評価。

しかしながら個人の評価を押し当てて測るのが世の習い。

ゆえに100人いれば、100の善があり、100の悪が生まれる。

真実に基づいて識別できれば聖者なのでしょうが・・・

まだまだそんなレベルにはなれませんねぇ~

毎度どうも

それは確かにそう思います。
しかし、そんな難しい事ではなく・・・
自分の背中にある風景です。
「俺は何で・・・なんだ?」これを果てし無く繰り返すと、クビが後ろを向くのではなく、体が横を向くんです。
あとは右を向くも左を向くも自由、そんな感じです。そもそも善悪も行為に当てはまるもので、物体に対するものではないですよね。
そういうことです。

きゅうり

僕は人から「ほんと嫌いな人のいない奴だな」とか、「あんな奴(みんなから嫌われるような人)とよくまともに話ができるな」とか言われます。
「嫌いな人がほとんどいない」っていうのは、欠点の多い僕にとって、数少ない長所であるのかもしれません。
友人とかに「どうしてそんな風に嫌いな人がいないの?どうして誰とでもそんな風に接することができるの?」とよく聞かれますが、よく考えるとちしおさんのきゅうりの話と似ていて、人の短所を見ずに長所を見るようにしているというか無意識的にそうしちゃっているからじゃないかと思います。僕があまり怒らないのはそのせいかもしれません。

ですが、実は僕もごくまれに人を嫌いになることがあります。普段思わない分、嫌いになるときは「羽交い絞めにして首をへし折ってやる!」っていうくらい嫌いになります。
普段温厚なプーさんが凶暴なヒグマになり、チンピラ二人に土下座させていたという目撃情報もあります。
まあ、やっぱ全ての人を愛するのは無理なのでしょうか・・・。

ということで恒例にしたい「今日の夢の予定」

こっそりとちしおさんの道具箱をあけ、げんのうをきゅうりに変える。
ちっちゃいきゅうりをつくって、こそっとちしおさんの鉛筆とかえる。耳、もしくは帽子にはさんだきゅうりの青臭いにおいで仕事がはかどらない。
ちしおさんのブログの洋なし?をきゅうりに変える。ブログを書くこともできない・・・。

ふっふっふ・・・

ごめんなさい、ちしおさん
お願いですからこの記事消さないで下さい。
家のPCでまたポチポチっってするから・・・。







  • Date : 2006-11-27(月) 18:42:13
  • Website:URL
  • Name : kumaotoko [Edit]

ふっふっふ・・・

残念ながら、今の僕は道具箱と呼べるようなものは・・・ ないんです。

帽子もかぶらないし、常時めがねですから鉛筆も耳に挟めないんです。

しか~し、右上にある洋ナシをきゅうりに変える・・・
「いいんだよきゅうり君、その場所にいて」
最近はそんな心境なんです。

「それだけは許さ~ん!」とか
「ぶっ殺~す!」とか、言うと思ったんでしょ。
前はそうでした。
でも今は違うんですよ!「ぷーちゃん」

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/115-1ffd3e8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。