スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

頑張りたいと思っている



「頑張る」


仕事を頑張る・・・


この言葉の意味・・・ 深いです。


何を基準に「頑張った」と言えるのか?


ちまたでよく言うのが、「頑張ったかどうかは自分で決める事じゃない」ですが・・・


それ自体、間違っていないとは思います。


しかし、これは一般的に見た時に「そうではない」と思える人の場合。


では、人が見たときに「あの人は頑張ってるね~」なる人はどうでしょう?


自分では、「頑張れていない」と言う人が多いと思います。


自分で「俺は頑張っている」と言っている人は、置いといて・・・


では、頑張れていない人が、頑張っているというためにはどうするのか?


僕は、大半が頑張れていません。


何を持って、「頑張った」と言えるのか?


何を基準に・・・?


どこまでやったら、「頑張った」と思えるのか?


結果がついてきたとき?


これは明らかに違います。


結果を判断基準にしてしまうと、とんでもない落とし穴が待っています。


「頑張った」と、胸を張っていえる時、それは、


「自分が分かっている事を、忠実に実行できた時」


これに尽きると思います。


ほとんどの場合が、「これはやっても大差はないから」


「まっ、これぐらいはいいか」 「これはあとにするか」 「明日だな」などなど・・・


自分で忘れたつもりでも、心が覚えています。


その小さなおごり・油断・慢心・・・


よくあるのが、頑張りたいんだけど・・・、と言いつつ「何をやったらいいか分からない」


と、見事に言い放っている人。


僕もそうですが、贔屓目なしに自分を振り返ってみると・・・


あるある、出てくるは出てくるは・・・ 置き去りにした、たくさんのやるべき事。


それらを、反復して忠実にこなした時、自然と湧き上がってくる充実感「頑張った!」


それを言いたくて、日々頑張っているつもりになっているだけの


                                  無抵抗のちしおちゃんでした


 


スポンサーサイト
住まいと生活のコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)
ブログランキング
↑「ポチッ」っと↑
クリックお願いします!
今日は何位かな?
ブログランキングに参加しています。
あつきちしおのブログに清き一票を!
東濃檜で造る純木造の住まい。「匠の家」 あなただけのウッドデッキが想いのまま…

Comments

ギャップが苦しいのです

「やりたいこと」と「できること」は違いますよね。

「やりたいこと」ができたときにはとても満足できますし、充実感があります。

でも、「やりたいこと」ができない場合には、頑張っていなかった自分ばかり目立ちます。

実は最近そのギャップで自己嫌悪に陥ってしまいました。
本当ですよ!
何日か更新が飛び飛びになりましたでしょ?

落ち込んでいたんですよ。

人知れず・・・

言行一致が自分の充実感を満たすのであれば、あれこれ詰め込みすぎずに、できるところから一歩一歩着実に進むしかないのでしょうね。

欲張りすぎて、自分の欲の多さでつぶれてしまう。
こんな悲劇は避けたいものです。
危うくべチャッとつぶれてしまうところだったすぎおかでした。

すぎおかさん

あなたが、そんなこと言っててどうするんですか・・・?
僕も、モチベーションが下がったり、自分に折れそうになるときはありますが、コントロールします。
頭がいい人は、人知れず一人で解決する・・・
たいへんですね!僕でよかったら話してください!
頭は悪いのでアドバイスは出来ませんが、これ以上ない「喝」を入れて差し上げます。

お互い頑張りましょう!と、一番体裁のいいあまり意味のない言葉で締めくくっておきます。

僕、頑張ってます!なんてとても言えないです・・・

やるべき事をやる。
今できる事をやる。
ただそれだけの事。
それすらも明日でもできるか・・・と先延ばしにしてしまったりする自分がいます。

真面目に正直に・・・。

精進します。

  • Date : 2006-11-18(土) 12:21:30
  • Website:URL
  • Name : いちはし [Edit]

大変ですね

真面目で正直。
真面目も難しいですけど、正直も難しいですよ!
言葉や文章を選ぶことも、ある意味「正直ではない」のですから。

でも、ちゃんと選びましょう!

そうしないと、僕みたいになりますから・・・

昨日まで寝込んだtasturoです。コメント有り難うございました。
頑張りますよ。私も。
頑張るというのは,我をはる,につながるのであんまり良い言葉ではないとの説もありまして,別の言い方はないでしょうか。
何を言ってるんだろうか。私は・・・・・
もしかしたら 頑張ったは言い訳?
忠実に事をなした。が,頑張ったではないんですね。
事をなそうとしたけれど,忠実な結果にならず,けれど私はこんなにエネルギーを使った。でもこれ単純な力量不足。
私,失敗の連続です。
ただ死に物狂いで家を作るしかないですね。
明日も頑張ろう。否,忠実に事をなそう!!

お元気そうで何よりでした

本当に頑張れた時は、望む結果が出ても出なくても、疲れを忘れ充実感が勝っている感じがするんです。

頑張ったと勘違いしている時は、小さな結果で自分を慰めようとするせいか、疲れだけが目立つような気も・・・

振り返ってみると、疲れを感じる時は「頑張っていないから疲れる」と感じるのは、僕だけでしょうか?

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://atsuki.blog57.fc2.com/tb.php/106-24cf309c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。